Entries

【読書】

年末年始にかけて二冊の本を読みました。今回は東野圭吾からあえて離れてみました
(苦笑)。
読んだのは「紙の月」(角田光代著)と「蛍の森」(石井光太著)です。
「紙の月」は映画やドラマにもなりましたが、一億円を横領した41歳の銀行の女性契
約社員の話です。
女流作家の文章は女性の心理描写は、なるほどと思わせてくれます。でも、もうちょ
っとラストの続き読みたい。
「蛍の森」、凄まじい内容でショックでした。ハンセン病患者の苦難の道を扱ったス
トーリーで「永遠のゼロ」以来、小説を読んで涙が出ました……。

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索