Entries

スタンドボーイへの復帰

ここは屋根のないガソリンスタンド。
僕は何年ぶりかでその現場に戻ってきたようです。
そのスタンドも前に営業していた場所から新たな場所に移動しての何年ぶりかの復活のようです。
でも、周りの風景はどことなく文京区の春日通に国威しています。
僕がスタンドの事務所に足を踏み入れると、そこにはスミレさんが「お帰りなさい。ふっきしてくれてうれしいわ。」と言ってくれて僕を迎え入れてくれました。
あれから何年もたっているのに茶髪と日に焼けた顔と緑のパンツはそのままでした。
ふと横を見ると野口所長が忙しく働いてました。木下君も「やあ!」と挨拶をしてくれてます。
真下(ましも)君もキザッぽくおや指を立てて挨拶してます。
守口君も田中さんもいます。事務員の初江さんや山本社長も顔を見せてくれました。
なんと、あの時は高校生だった男の子もいます。ずいぶんと大人っぽくなりました。
僕の名前を思い出すのに時間がかかっているようです。僕も思い出せないけど(笑)
お、菅原君もいるではないか。ひげを生やして、多分そんな大人になるだろうなと予想通りの顔です。
ん、見慣れない顔がいます。聞くと弱視の人手近くの盲学校からバイトに来ているとのことです。
え……僕もあんまはりきゅうの職業を退職してここのスタンドに復帰しているし、
ここのスタンドって視覚障害と関係があったのかな?
でも、みんな、細かいこと気にスンナ、これからはあのときのように楽しく働こうぜとニコニコしてます。
そのニコニコしている笑顔がだんだんと薄くなりその顔を通して向こうの景色がすけて見えてきて、走馬灯のように消えていきました。
僕は、昨日のビールによる軽い頭痛を感じながら朝の光に目が覚めたようです。

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索