Entries

あはき師と湯液

中医学の学会が発足したと情報をもらった。
たしかに東洋医学は鍼灸、あん摩とともに湯液(漢方薬)が使えてはじめて完成するのではと思っていたところ。
自分自身も網膜色素変性症の治療のために半年間、中国にいた時は鍼灸あん摩、そして湯液と揃った治療を受け、体調はすこぶる良くなって帰国してきたもの。
もちろん網膜色素変性症そのものは直らなかったが当時は視力がかなりあがったものだった。
現在、鍼灸師の国家資格だけでは湯液を扱うことはできない。
当然、薬剤師の資格が必要。
また視覚障害者が薬剤師資格を取れる可能性があるのかどうかは私はその情報を持ってない。
その制度の改善を活動の一つとして行くなら期待したいところだ。

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索