Entries

終わりましたね「功名が辻」

昨日(12月10日)で大河ドラマ「功名が辻」が終わりましたね。
本当に素晴らしい作品で、いつも次週が楽しみでした。
山内一豊ってあまり知らなかったけど、実にいい正確で魅力のある人ですね。
信長や秀吉、家康より身近が存在な気がします。でも“一領具足”についての悲しい出来事を乗り越え土佐一国を平定して400年ものあいだ続く山内家の礎を築いたのですから、大きな実績を残しているんですね。番組公式HPで山内一豊役の上川隆也さんが「一豊は、縁というものを軽々に扱えない男なんだと思います。かかわってきた人すべてに思いが残るというか、つなげておきたいと思って生きてきた男。」って言ってますがまさにその生き方は私の生き方そのものだ!なあんてことはないけど、共感することしきりです。
また、京都右京区にあるお寺に夫婦そろって同じ大きさの棺に眠っているなんて粋じゃありませんか。そしてその寺を開いた和尚があの拾(ひろい)とは!うーむ、深いなぁ。
そしてやがて土佐藩から坂本竜馬が出て倒幕に進むんですから歴史は面白いです
ね。
さてさて来年の大河ドラマは「風林火山」ですね。また戦国時代のドラマかって気もしないでもないけど、まずは楽しみ楽しみ。

2件のコメント

[C10] 「風林火山」の主役は山本勘助!

ブログ拝見しました。
昨日書き忘れましたが「ドラマノート」は「植物のたね」さんからおしえてもらったものでした(すみません)。

さて、今回の大河は以前の「利家とマツ」と似ているのかなと想ってあまり見ていませんでした。
反省して、クリスマスイブの総集編はしっかり見るつもりです。

そう言えば、西田俊之と中村梅雀は「八代将軍吉宗」でも親子役でしたね。
ついでに、「武田信玄」の山本勘助役も西田俊之じゃなかったかな?
  • 2006-12-12
  • 投稿者 : f.o改めcraft
  • URL
  • 編集

[C11] 大河ドラマ通でんなぁ

ドラマノートのネタ元は植物のタネさん。あの人はなかなか情報痛ですね。私の恋人はパソコンって言っていたようなきもする(笑)。きっと近々、ブログ立ち上げるでしょう。
そうそうcraftさんというハンドルネームのアイデアもタネさんんとか。
さて、たしかに西田敏行と中村梅雀は「八代将軍吉宗」で親子役でしたね。
そう、そして「武田信玄」の山本勘助役も西田敏行でした。craftさんもなかなか大河ドラマ通ですね。ついでに「葵・徳川三代」では西田敏行は徳川秀忠役でした。
それからその「葵・徳川三代」には津川雅彦が徳川家康で、それは「独眼竜正宗」でも同じ役でぇ、あぁ、大河ドラマの話は尽きないですね。
あ、あ、もひとつ、「功名が辻」であの前田利家がセリフはなかったものの出てました。

  • 2006-12-12
  • 投稿者 : coitan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bunbun2.blog71.fc2.com/tb.php/53-59023364
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索