Entries

ほくそえむ

22日に受験対策補修が終わって今年の授業は終わったなぁと思ったとたん気が抜けてます。
もちろん年明けにかけての細かな仕事がたくさんあり心はすっきりとはしてないのですが、なにはともあれです。
18日と、23日は古くからの知人と所沢で飲みました。
このお店は少衝お値段が高いですが味もよくくつろげる空間なので
むやみやたらと人に紹介しません。
まして生徒さんたちには申し訳ないけど教えてません。
24日の夜はおごそかに楽しいクリスマスイブをすごさせていただきました。
実はヤマザキのクリスマスケーキ、とってもおいしくなってます。
ヤマザキのスナック菓子の「エアリアル」といい、がんばってますなぁ。
そうそう、忙しくて録画したままだった「坂の上の雲」をようやく見ています。
毎晩1回ずつ見て第2部(第8回)まで見ました。
話が面白くなってきましたね。
ところで、細かいことなんですが
第2部 第7回 子規、逝くにおいて
西田敏行さん演じる高橋是清と片岡鶴太郎さん演じる八代六郎が、真之を華族女学校の活人画の催しに誘って私が好きな女優の石原さとみさん演じる稲生季子を真之に紹介するシーンがありますが、その時の華族女学校の活人画の出し物が義経と静御前のお話。
そうです、石原さとみさんは大河ドラマ「義経」で静御前を演じていたのです。
知ってかしら図化NHKのそんな演出にほくそえんでしまいました。
それから渡 哲也さん演じる東郷平八郎 も迫力あっていいですねぇ。
渡るさんも「義経」では平清盛を演じていたっけ。
ちなみに東郷平八郎って居酒屋で定番料理の「肉じゃが」を発明した人だそうですが、これを発明するシーンは多分ないだろうなぁ(笑)。
ちなみに18日と23日に知人とおとずれたお店の「肉じゃが」は絶品なのです!。
スポンサーサイト

やさしい着陸

今日、函館から羽田に降り立ったとき、まったく震動がなく、とても着陸が上手いパイロットだなぁと思いました。
そして、乗客の最後に飛行機から降りたんですが、子供がその後、自分で乗ってきた飛行機を写真に収めていたら
操縦室から降りて空港内の事務所におそらく戻る途中だったパイロットさんが、その様子を見て、「飛行機が好きなんだねぇ」と言いながら通り過ぎていきました。
ところが、その後、戻って来られて子供に飛行機のシールを直接手渡ししてくれました。
子供はキョトンとしてましたが、これ、滅多にないですよねぇ。
あの着陸はやさしい心の表れだったのかなぁ。

クリスマスツァンタジー

今、函館の赤煉瓦の中のクリスマススクエアというお店の前で家族が買い物をしているのを待っているところです。今回は完全プライベートで函館にやってきました。やっと子供に函館港のツリーを見せてやることができました。しかし、またなつかしい店がなくなってました……。でも、函館、いいですね。

屋形船

昨日(12/05)、屋形船でパーティーがありました。
僕は見えないけど、みんな最近のウォーターフロントの摩天楼に魅入られてました。
しかし、この同窓は本当にいいです。
周りはほとんど晴眼者だけど、当たり前のように僕はいるのだ。

朗読劇

季節外れのあたたかい日が続いてますね。
さて、わたくしは本日、『舞台説明な人々』という朗読劇を観劇してきました。
この朗読劇は目の不自由な人たちにも芝居を楽しんでもらおうと舞台説明をしている加藤健一事務所の人たちの12年間をドラマ化したもので、私の古くからの友人(網膜色素変性症患者)が作、演出したものです。
加藤健一事務所が目の不自由な人に舞台説明を行うきっかけとなったのは
ある視覚障害者が加藤健一さんにその要望をしたことからです。
その視覚障害者も私の知り合いでした。
今回の講演でも音楽を担当しておりまた最後に挨拶もしておりました。
私も講演終了後、声をかけたところ大変驚き喜んでました。
盲導犬を連れていて、まだまだ元気いっぱい夢見るおじさんでした。

朗読劇 『舞台説明な人々』

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索