Entries

ガリレオシリーズ

ガリレオシリーズを読みきりました。
順番に書くと以下の通りです。
探偵ガリレオ
予知夢
容疑者Xの献身
ガリレオの苦悩
聖女の救済

いやはや本当に面白いシリーズです。特に容疑者Xの献身はすごい犯罪トリックでした。これは前にも書いたと思いますが、ひとつだけ納得いかない部分もありますが、それにしても引き込まれます。
それから最近の小説は当たり前かもしれませんが、インターネット、携帯電話、メールなどのアイテムがどんどん出てきます。
このことからも時代が読み取れます。
ぜひ、新作が待たれます。
ちなみにこれらの作品タイトルではこれはガリレオシリーズなんだということがわからないですよね。
なんで、探偵ガリレオ5 聖女の救済 というようなタイトルにしないんですかね。
ま、それを言ったらハリー・ポッターもどれが第一作なのかわかりにくいタイトルですがね。
スポンサーサイト



あぁ……

今日で50歳まで2年を切りました。

泥のように……

いやはや先週で仕事上のトラブルがひとまず決着しました。
全身の力が抜けた感じです。
そして20日の有明での学会は晴れ晴れと参加してきました。
でも、また腰痛がピークで、久しぶりにマッサージにかかりました。
なんだかんだ言ってここに慣れてしまったなぁ。
ハワイアンを聴きながら泥のように沈むのです。
さてさて来週は「竜馬伝」、最終回ぜよ。

予知夢/容疑者Xの献身

探偵ガリレオシリーズの2作目、3作目です。
特に容疑者Xの献身は直木賞を受賞した傑作です。
そのトリックの凄さに唖然としながら、幸薄い女性には感情移入してしまいます。
山崎豊子のあとに東野圭吾を読むとシンプルな情景描写にほっとします(笑)。
ただ天才数学者・石神が花岡靖子と娘・美里が殺人を犯してしまった直後に電話をかけてきたのが腑に落ちない。どうして電話番号を知っていたのだろうか?

白い巨塔/続・白い巨塔

いやはや、何とも古い小説です。
でも、少し医学の知識をかじったあとで、この小説を読むと
ものすごく医学的にリアルに書かれてます。
驚嘆するのは第一作で終わるつもりだったというが、続編を読むとあたかも前々から考えてあったようなストーリー展開です。
主人公が胃がんで亡くなってしまうのは少し拙速な気もしますが、これを読んでいる間は、どろどろした空気の中にいるような感じでした。

トラブル

今、仕事上でちょっとしたトラブルに見回れています。今週がそのピーク……。

サイトワールド

11月3日(水)錦糸町の墨田産業会館で行われたサイトワールドに行ってまいりました。
まずはお目当ての日本テレソフトのブースに行き「らいふ」を手に取り説明を受けました。
大きさは少し前のdvテープのビデオカメラぐらいの大きさで、最近の携帯端末に手馴れた昨今では多少大きめに感じました。
また、デザインが今ひとつ野暮ったい気がします。やはりそこはメジャーメーカーではないゆえのつめの甘さを感じました。
しかし、機能はさすがにすごかったです。
spコードを読んだり、お札を読んだり、簡単な色を読んだり、デイジープレーヤーになったりです。
でも、一番の売りはやはりバーコードリーダーでしょう。
ただし、ちまたにあふれている様々な商品に貼り付けられているバーコードは実は数字の情報しかないのだそうです。
それらのバーコードのデータを100万ぐらいのデータベースに読み替えて読んでいるんだそうです。
これはもともと韓国の技術でこれを日本テレソフトが購入して実装したんだそうです。
日本テレソフトでは反響がすごく通常の業務が出来ないとのことです。
ちなみに価格は198000円ですが、日常生活用具に認定してもらうよう行政に働きかけているところだそうです。
ぜひ、がんばってほしいですね。
しかし、デザインが……(笑)

次にいそいそと足を運んだのは三菱のブースでした。お目当てはもちろん「しゃべるテレビ」です。
早速、地上デジタル放送の番組表を読み上げる声を聞いたのですが、前評判で聞くよりは思ったより肉声に近い音声でびっくりしました。しかも、録画機能付きのモデルでは予約、録画の際や再生でも音声が出ます。
これはいい。ただし、録画機能付きは40型からだそうで、今後に期待するしかないですね。

と、思ったらあとでパナソニックのブースでここでも「しゃべるテレビ」が展示されているのを知り、確認したところ19型から録画機能付きで音声がでます。
いやはや驚きました。これはいいです。

それから、やっとこさオーデコを体験しました。
おでこに動き回る電極の刺激。
慣れるのには相当時間がかかりそう。
20時間のトレーニングが価格の中に含まれているとはいえ120万はあまりに高い。

あとはドコモのブースに寄りました。
らくらくホンプレミアムはもう生産中止なんですねぇ。
今はやはりレギュラーモデルのらくらくホン7が主流とか。
とても音声のレスポンスがいいんだけど、でも、やはりおさいふケータイが付いてなければだめです。
しばらくはプレミアムを大事に使っていきましょう。

こうして、すべてのブースは見れませんでしたが結構満足しました。

ところで墨田産業会館の7Fのレストラン街で最近、チェーン店を増やしている「ナポリの下町食堂」にて昼食をとりましたが、おいしかったです。また、タルトの大きさにぶったまげました。
デザートを良くするとお客さんが入るって本当ですね。

鍼灸院でもスイーツを出したらいいのでは?(おいおい!)

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索