Entries

ウィキペディアはタイムマシン

しかし、ウィキペディアってのは最近は本当にすごい情報量ですわな。
なんだって調べられる。しかもかなり詳しいものもある。
」西郷隆盛」を調べたときなんざあまりの長さに読みきれなかった。
さて、そのウィキペディアだけど、夜中、フロッピー残業に疲れると
時々、気分転換で子供のころに見た特撮ヒーローについて読む。
こんなのあるわけないってのが、ものの見事に検索できる。
これはすごい!みんなみていたんだな。
特に視聴率が低く打ち切りになったヒーロー物をさがすのが好きである。
ぜひ以下のキーワードの後ろに全角スペースをあけてウィキペディアを書き込んでグーグルなどで検索していただきたい。
トリプルファイター
突撃! ヒューマン!!
アイアンキング
シルバー仮面
サンダーマスク
レインボーマン
正義のシンボル コンドールマン
ダイアモンドアイ
魔神ハンター ミツルギ
スーパーロボット レッドバロン
スーパーロボット マッハバロン
バロム・1

スポンサーサイト



エクセルとプラモデル

エクセルのファイルの索性と言うのは、なんだかプラモデル作りに似ているなと最近感じている。
昔はよく24分の1スケールのスポーツカーシリーズをよく作っていたけど
塗装など仕上がりをあせると絶対失敗する。
すぐに完成させようと思わないで、充分1週間ぐらいしっかりと乾燥させたほうが仕上がりがバッチリだったりする。
エクセルも完成を急いでやーっとやろうとすると絶対、僕は失敗する。
だからじっくりとことことと煮込むように作成する。
今年度の出欠席表はなんとか自分としては満足している。
今、取り組んでいるのは夏の模擬試験の正解率とかの成績集計ファイルだ。

書いてスッキリ!

なんとなく書きたかったこと。
時々、耳にするエレベーターのコマーシャルの挿入か「じんせいのぉお」という歌。
僕が言うのもなんだけど、へったくそな歌だよねぇ(笑)。それにどう聞いてもいい歌とは思えない。

長い一週間だった。

ふう、やっと新年度、新学期の一週間が終わった。
いろいろあったなぁ。
新しいクラスのメンバーのイメージが少しはわかったけど
一年生の、つまり初めましての人たちの名前が当然ながらなじみがないので頭の中に固定しない。
なるべく早く覚えないと。
今年度はかねてから準備していた出欠氷河稼動した。
音声でもわかりやすいのを作ったつもりだけど、やはりどんなに雛型を作っても他人に準備の手順はうまく教えられない。結局はこれは自分だけのスペシャルなソフトということになるね。
これは印刷を前提としているわけではないので見栄えは悪い。
来年度はそのあたりをばーじょんあっぷしてみるかねぇ。

多くの書籍をバックアップ

自分のPTR-Ⅱが退院してきた。ほっとした。
さらにこれを機に8GBのコンパクトフラッシュを装着した。
ここ数日、手持ちのデイジー図書をぶちこんでなんと22タイトルもが1枚のカードにおさまった。
それでもまだ1GBは空き容量がある。うれしい限りだ。
黄帝内経の素問や霊枢、難経などの解説本などを入れたのでぜひとも読破したい

週末のビールとワイン

先週の金曜日、土曜日はそれぞれ別の友人としこたま飲んで楽しかったけど、週末に我が家で飲むビールとワインはまた格別である。
ワインなんてそんなに高級品ではなくそこらのコープに売っているもの、それでもとっても美味しくて酔えるのだなこれが。

篤姫

篤姫が好調なんだってさ。
僕は今までと普通に大河ドラマとして篤姫を見ていた。
ところが先日ヤッターマンで篤姫が取り上げられ、金曜日の飲み会で普段、大河のことなど口にしない人から話題として出た。
んで、しらべてみるとなるほど25パーセントの視聴率を誇る人気番組となっている。
大河の幕末モノはつまらないのが多いと前にブログに書いたことがあったけど、いやはや今回は大成功だね。チマ名草がなく青春モノみたいな作り方がうけたんだね。
風林火山のような重いいかにも大河ってのも良いけどこうした女性大河もまたよろしおすわね。

笑点

最近、笑点を見るようになった。
子供のころ、よく見ていたけど大人になってまた見るとはおもわなかった。
ただ子供のころとはちょっとちがった感覚でみている。
ここのところ目がかなり悪くなってしまったので、情報収集には耳からの情報がかなりのウエイトを占めてくる。ウエイトといっても体重のことではな(わーっとるって)い。
そう視覚に訴えるバラエティよりも言葉のやりとり、かけひきで笑わせる笑点が実に面白いのだ。もちろんカツラをかぶったりの視覚的なアプローチはあるけれどもね。
視覚障害者が落語を好きになる理由がちょっとわかってきた感じもしているわけです。
ただ、今日の笑点はいただけないギャグがあった。ある落語家がカツラをかぶりおばあさんになり「わたしは障害物があってもよけないでどんどんまっすぐ進むから、歩くイージス艦と言われているのよ」と言って笑いを取っていた。
ちょっとこれはまだ笑えない。先のイージス艦での衝突事故によりまだ被害者の家族の傷はいえてないはずだ。これは不適切なギャグだと僕は想う。

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索