Entries

あぁ、見てしまった。総集編

今日は、やることがあり「功名が辻」の総集編を見るつもりではありませんでした。
しかし、ちょっと見たら武田鉄矢さんが途中で解説を入れるという演出。
つい、見入ってしまいました。武田さんがなんとなく金八先生風なのがまたよかった。
そしてまた一豊と千代に会えたことが嬉しかった(笑)。
ああ、やば、本来の用事を片付けないと!(ブログ書いている場合か!)
スポンサーサイト



トゲ

昨夜、突然、右手の薬指に痛みが走った。
なんと1センチほどのトゲがものの見事に爪の中心部まで刺さってしまったのです。
素人が抜こうとしても抜けないし、このままでは膿んでしまうと思ったので、夜間救急外来に行きました。
そして、少し爪をはがしながらトゲはとれました。爪を少しはがす時は激痛でした。
いまも O のキーをたたくと時折ズキっとします。

まっ赤なお鼻のトナカイさん

自分の誕生日、大河ドラマが終わると一気にクリスマス&年末モードです。
ところでクリスマスのうたで
「まっかな おはなの、トナカイさんは、いつもみんなのわらいものぉ」
って歌がありますね。
なんだか最近、これ気になります。
周りとちがう人(トナカイ)を笑っている。なんだか障害者差別につながりそうな気がします。考えすぎ?
でも、子供の頃からこれ歌っていたら、やはりみんなとちがう人は笑われると、うえつけられちゃうような……

西田信長なんてのはどう?

昨日、craftさんに書いたコメント我ながら僕も大河ドラマ見続けてきたんだなぁと実感し、コメントだけではもったいなくなり、加筆してこちらに持って来ました。

さて、たしかに西田敏行さんと中村梅雀さんは「八代将軍吉宗」で親子役でしたね。
そう、そして「武田信玄」の山本勘助役も西田敏行さんでした。ついでに「葵・徳川三代」では徳川秀忠役でした。さらに言えば「おんな太閤記」では豊臣秀吉でした。思えば大河ドラマを見始めたのが「おんな太閤記」でした。その頃の西田敏行さんは「池中元太80キロ」のドラマなどでブレイクしているときでした(ちなみに80キロなんて体重、すごいなと思っていたら自分はとうに超えてしまった・・・)。
西田敏行さんは本当に大河ドラマの常連でさまざまな訳を演じてます。秀吉、家康と来たら、次は西田信長なんて面白いのでは?

それからその「葵・徳川三代」には津川雅彦さんが徳川家康で、それは「独眼竜正宗」でも同じ役でした。こういうのって好きです。あの「利家とまつ」の前田利家役の唐沢寿明さんが同じ役でセリフはなかったものの「功名が辻」に出てきたときには興奮しましたで。

終わりましたね「功名が辻」

昨日(12月10日)で大河ドラマ「功名が辻」が終わりましたね。
本当に素晴らしい作品で、いつも次週が楽しみでした。
山内一豊ってあまり知らなかったけど、実にいい正確で魅力のある人ですね。
信長や秀吉、家康より身近が存在な気がします。でも“一領具足”についての悲しい出来事を乗り越え土佐一国を平定して400年ものあいだ続く山内家の礎を築いたのですから、大きな実績を残しているんですね。番組公式HPで山内一豊役の上川隆也さんが「一豊は、縁というものを軽々に扱えない男なんだと思います。かかわってきた人すべてに思いが残るというか、つなげておきたいと思って生きてきた男。」って言ってますがまさにその生き方は私の生き方そのものだ!なあんてことはないけど、共感することしきりです。
また、京都右京区にあるお寺に夫婦そろって同じ大きさの棺に眠っているなんて粋じゃありませんか。そしてその寺を開いた和尚があの拾(ひろい)とは!うーむ、深いなぁ。
そしてやがて土佐藩から坂本竜馬が出て倒幕に進むんですから歴史は面白いです
ね。
さてさて来年の大河ドラマは「風林火山」ですね。また戦国時代のドラマかって気もしないでもないけど、まずは楽しみ楽しみ。

いよいよ最終回「功名が辻」

明日(12/09)、いよいよ今年の大河ドラマ「功名が辻」が最終回を迎えます。
当初、山内一豊とその妻・千代の話ということで、地味な印象を受け、2時間ドラマなら過去にも見たような気がするけど1年という長丁場、一体どうなることやらと思っていたけど、いやはやとても面白く、1年があっという間でした。ここのところの大河は秀作が続いてますが、ホント良かったです。戦国時代の激動の中、1組の夫婦がこのような愛をつらぬいていたとは素晴らしいの一言です。千代が注目されるけど、実は一豊がとても心の広い人で千代のわがまま?を大きく受け止めていたんですね。そして、千代の頭のよさもちゃんと
尊敬しその意見を聞き入れる。その頭の柔らかさが魅力ですね。
ちなみに「功名が辻」のレビューを毎週、しっかりと書いている「つれづれ さくら日和」
というブログがあるんですが、実にここは読み応えがあり、参考になるんです。目的の記事まで田取り付くのはちと大変なんですが、作者のさくら子さんには敬意を表します。
まずは明日の最終回、どうなりますやら。楽しみですね。

Appendix

プロフィール

coitan

Author:coitan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索